資産運用方法 > 資産運用と定期預金1

資産運用と定期預金1

私たちになじみのある資産運用の初歩としては預金があります。
預金といっても単純にお金を長い期間下ろさずに普通預金で預けておくということもありますが、金融機関の商品には必ず資産運用についての商品があります。
その中で定期預金という種類があります。
定期預金はみなさんご存知であり、すでに実行している方はたくさんいると思います。
定期預金とは、一定の金額を毎月銀行に預け、それに対し利息がつくというもの。
預けられる最低金額は各金融機関によって違いますが、大体1万円から定期預金ができます。
そして簡単におろせないというのが普通預金との違いです。
急な出費に銀行でおろしてしまおう、なんて事はできません。
もし定期預金からお金を下ろすのであれば満期解約などの予約をしてから決まった日付に下ろすという方法しかありません。ですので、給料から何万も定期預金に入れてしまってはいざというときに不安だという方は一万円くらいから初めてみて、様子をみて増やしていけばよいのです。
毎月1万円定期預金をしても一年で12万。
12万あれば旅行にも行けますし、なにかその金額の中で欲しかったものも買えますよね?いざというときのお金と別に考えて定期預金を行うことが大事です。
でないとその都度満期解約をしていては資産運用もなにもあまり意味のないものになってしまうからです。
そこはきちんと分けて考えたほうが良いでしょう。
一口に定期預金といっても金融機関によって種類があります。
自分に合った種類を選びましょう。