資産運用方法 > 資産運用には金利は重要

資産運用には金利は重要

安全性の高い資産運用の方法として個人向け国債があります。
資産運用をするにあたって重要視したいのは安全性に加え金利も非常に大事ですよね。
先ほど個人向け国債のプランは2種類あると紹介しましたよね。
2種類とは固定金利と変動金利の2種類のことです。
固定金利は満期が5年。変動金利は満期が10年と両方に対して満期があります。
では固定金利とはなにか、気になりませんか?固定金利とは満期までの5年間は金利が変わらないというのが固定金利の特徴です。
逆に変動金利の方はといいますと、適用利率が変わります。
変わる期間は半年ごとです。
同時に利子も変動します。
固定金利の方は国の状況が悪くならない限りは固定のままということです。
変動金利の方は経済状況によって左右されます。
これが大きな違いと言えるでしょう。
一見比べて見ると変動金利の方がリスクが高いように感じますね。
リスクは少しだけ高いのかもしれませんが、その代わり基本金利は固定金利の方よりも変動金利の方が高く設定されています。途中解約は両方できるようになっていますが、これもやはり固定金利と変動金利ですと差があり、固定金利のほうは2年間の中途解約ができないようになっています。
それに対して変動金利の方は1年間といった固定金利よりも期間が短く設定されています。
いかがでしょうか?少し個人向け国債についてわかっていただけましたでしょうか。
個人向け国債を扱っているところは多いのでホームページで詳細を比べてみると良いですね。