資産運用方法 > 為替レートと資産運用

為替レートと資産運用

資産運用についてあまり深く理解できていない、またはこれから始めるといった初心者の方には外貨での運用が良いそうです。外貨での資産運用は初心者でも比較的わかりやすいしくみになっていることが多く、リスクも少ない商品が多いからです。円安やドル高が関係してくる為替レートの変動を利用した運用方法は先ほど紹介しましたよね。
例えば日本円での資産運用で初心者にもわかりやすく、リスクが少ないものとしては定期預金がありました。
定期預金ですと金利でしか得をすることができませんが、外貨での資産運用ですと、金利意外に為替レートの変動による利益も発生します。
そして、海外のほうが金利が高いので、日本円での運用よりも外貨での運用のほうがお得というわけです。
ただ、こういったメリットがある反面、デメリットな部分はあります。
それはどんなに詳しい専門家の人でも為替レートの動きを的確に予測することは非常に困難なことです。
為替レートの変動は周期が読み取りにくいため、短期間での変動もあれば、年単位の長期間変動しないということもあります。ですので、非常にタイミングも重要視される運用方法だと言えるでしょう。
初心者にもやさしい、そしてリスクが少ない外貨での運用であっても、せっかく預けたお金が元本割れしてしまっては、全く意味がありませんよね。
外貨での運用は短期間に引き出すことを目的とせず、なるべく長期間のスパンを考えて預けたほうがよさそうですね。