資産運用方法 > 個人年金について

個人年金について

先ほど高齢化社会について触れましたが、高齢化社会と言われている中、自分のために資産を増やしておこうといった理由から資産運用する人が増えています。

資産運用といっても株や債権などのリスクの高いものではなく、貯蓄などのリスクが少ないもので始める人もたくさんいます。

そこで高齢化社会に備えておきたいことでまだまだ対策はありますので紹介したいと思います。

皆さんは保険に加入していますか?

健康保険は一番身近な保険でありますが、他には任意保険として生命保険や火災保険、自賠責保険など、家や所有物にかける保険もあります。

保険は入っておいて損はありませんが、用心深くしすぎて色々な保険に加入しすぎても掛け捨てなどですと戻ってくるわけではありませんので、ほどほどにするのが良いでしょう。

保険の種類で「個人年金」という保険の種類があります。

先ほども触れたように、今働き盛りの世代が定年になって年金生活になるころには今よりもご年配の方が増えます。

それは予測されている事実ですよね。

そこで60歳超えても現役で働けるのであればこんなにありがたいことはないのですが、人間どうなるかわかりません。

病気になってしまうかもしれませんし、絶対に安泰とは言い切れませんよね。そこでお勧めなのが個人年金というわけです。個人年金は厚生年金や国民年金とは違います。
自分で保険会社にて年金をかける仕組みです。ですので、かける金額は保険会社によって違います。