資産運用方法 > 個人年金での運用

個人年金での運用

資産運用といえば株などをすぐに連想しがちですが、個人年金も資産運用のうちに入るといって良いでしょう。

なぜならば今から自分で将来のためにお金を蓄えておき、年金暮らしになったころには今まで苦労して掛けた分は保障して受給されるからです。

将来のための備えといったほうがわかりやすいかもしれませんね。

個人年金とはいったいどういうものでしょうか。

種類は2種類あります。

まずは保険型と呼ばれるものです。

保険型とは生命保険会社はもちろん、金融機関でも取り扱っているので、比較的幅広く取り扱いがあります。

支払い条件としては掛けている本人が生きているというのが条件であります。

もう一つは貯蓄型という種類です。

貯蓄型というのは金融機関での取り扱いです。

銀行や証券会社での取り扱いですね。支払いの条件としては特になく、本人が生きていようと亡くなっていようと支払われるのがこの貯蓄型です。

大きく説明するとこのように分けられますが、個人年金に加入する際には複数の機関で説明を聞き、詳細を比較検討してから加入することをお勧めします。

保険というのは取り扱っている会社によって微妙な差がある場合があります。

この差を知らずにいると損をしてしまう可能性があります。

ですので、将来のために備える大切なお金ですから、自分が将来困らないように知識をつけて早いうちから個人年金に加入しておいたほうが賢明と言えるのではないでしょうか。
保険は早いうちから加入したほうが得だということもありますね。