資産運用方法 > 外貨取引と資産運用

外貨取引と資産運用

資産運用についてインターネットなどで調べて見ると外貨取引という言葉が出てきます。
外貨取引とは何かといいますと、例えば自分海外に行くところを想像してみましょう。
日本にいるときは日本円でものを買いますが、海外に行くとなると日本円をそのまま持っていくことはできないですので、海外に行く前に銀行に行ってその国で扱っているお金に換えますよね。
アメリカだったらドルなど。円からドルに換えたときにアメリカの1ドルがそのとき105円だったとします。
海外に行く資金として持っていった日本円が50万円あったとしますよね。
日本円の50万円をドルに換え、海外に行き、帰国した時には1ドル107円にあがっていたとしましょう。
ドルから日本円に戻すときにはいくらになって戻ってくるでしょうか?50万円超えますよね。
こういった仕組みでお金を増やすという方法が外貨取引の方法になります。
なんだか足し算と引き算みたいに簡単に思えますが今は簡単に説明してみました。
では海外に行っただけでドルが上がっていればお金儲けができるのではないか?と思いますよね。
ですがそんなに頻繁に海外へ行く人はあまりいないでしょうし、必ずしも帰国などのタイミングがうまく行くとは限りません。ですが、この外貨取引というのはうまく行く確立がわりと高いのだそうで、資産運用の初心者の方には向いているようです。
難しい知識をたくさん知らなくてもできると言うのがメリットのようですね。